スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ツルヒコうらない
2007 / 10 / 30 ( Tue )
どっちかっていうとギャンブルみたいだ…


僕は占いに特に興味があるってわけじゃないけど、お正月におみくじをひいたり、自分の中で勝手にげんをかついだり(信号に一度もひっかからなければ今日のテストはうまくいく、とかね)、靴をとばして明日の天気を意味もなく占ってみたりしたことならある。わからない問題に、匙ではなくて鉛筆を投げて答案を埋めたこともあるし、予言とか超能力みたいなものにあこがれたこともないとはいわない…、これはちょっと恥ずかしいけどね。

さて、何で急にこんなことを言い始めたかというと、ちょっとした気まぐれで今日は占いをしてみようって思ったからなんだよ。もちろん僕は占い師でもなんでもないから、「靴で天気予報」のレベルでしかないんだけど、もし今重大じゃないことで困っていて、いっそコインでも投げて決めようかな、っていう人がいたら、自分で投げる代わりにぼくにやらせてね、って感じだ。

じゃあいくよ。

…ええとね、僕の占いでは、「自分を信じて進め」ってことだね。
では、幸運を!

スポンサーサイト
21:48:55 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
久々にバトン
2007 / 10 / 28 ( Sun )
和菓子がでてきたら間違いなく華子だけどね


ボンソワ、久々にこちらからバトンをもらっていたんだけどちょっと答えにくいなあと思って今日まで持ち越しちゃった。
でも今日はすごくおいしいごはんを食べて幸せなので、このいきおいで書くことにするよ。…満腹とバトンが何の関係があるのかっていわれそうだけど、こういうバトンなんだからしょうがないんだよ。


【連想バトン】

以下の物から連想される人を答えて下さい。
一度でも名前が出た人はできれば答えて下さい。…とのことですが、ブログにでてくる
僕の知り合いで埋めちゃったからまたバトンストッパーになっちゃうね。


ショートケーキ:桜井さん…。
チョコレートケーキ:佐藤君。髪の色艶が(笑。
モンブラン:伊集院君。なんか、絵的に。
ティラミス:宮本さん。…色的に?
チーズケーキ:カズキさん。前に焼いたのを食べさせてくれたから。
アイスケーキ:佐々木君。低温のイメージで。
ウェディングケーキ:裕美さん。いや、結婚式をみたからだけど…。
ドーナツ:加藤さん。好きそうな気がする。
クッキー:うーん、橋本さんかな…。
チョコレート:摩魅さん。ビター系でね。
キャンディ:真理子女史。ときどきくれた気がする。
ガム:秀虎。なんとなく。
ポテトチップス:里山さん。スパイシー系のイメージ。
チュッパチャップス:ヒメカちゃん。食べていそうだから。
チロルチョコ:阪田君。好きそうな気がする。
ミルキー:渡辺さん。ほんとはココアのイメージだけど。
おいしそうな人:誤解を招きそうだから書けないよ。
甘そうな人:上に同じ。
いろんな意味で食べたい人:…いや、だからね。
いろんな意味で食べられたい人:……参ったなあ。


ふう、いちおうこんな感じ。
最近このブログを読み始めた人にはなんのことやら、って感じの内容になっちゃったけど、…というか、昔から読んでいてくれる人でももう忘れちゃっていそうな名前も多いけど、でもとにかく答えられるだけ答えてみたよ。
それにしても最後のほうの質問は困っちゃうなあ。あんまりそういう決め付けはよくないけど、このバトンを考えたのは十中八九女の子に違いないね。


21:21:56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
サービス
2007 / 10 / 27 ( Sat )
だってそんな水をさすようなこと(泣


先週の話だけどね。
しかも、「あ、ありがとうございます…」とか言ってしまう僕って……。

18:02:38 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
記憶にない
2007 / 10 / 25 ( Thu )
しかもなんでひらがな


長いこと…長いこと、って言ってもいいよね…ブログをやっていると、どうにも書くことがないときのため、というよりはいくつも書きたいことが浮かんじゃったときとか、あるいはふと思いついたけどうまくまとまらなかったときとかに「書きかけ」のままアップしていない記事がいくつかあったりする。

妙なもので、そのときうまくまとめられなかった思いは時間をおいてみてもやっぱりうまく表現できなくて、結局そのままお蔵入りになったりする。それどころか、一体なんでそんなことを書いたのか自分がすっかり忘れちゃっていることさえあるんだ。

それで、実は今さっきみつけたそういう「ボツ記事」のタイトルなんだけど、それが「にんげんぎらい」だったので、またしても首をひねってしまう僕だ。なんていうか、僕にしちゃあきついタイトルだし、内容もちょっと皮肉がきいている、気がする。でも自分がどういう状況でそんなことを書こうと思ったのは思い出せなくて、なんだか気になるんだよ。大して前の話でもないのにね。
22:30:41 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
宗旨替え
2007 / 10 / 24 ( Wed )
首が!


僕の小さなこだわりのひとつに、「電車の中では居眠りしない」っていうのがあったんだ。
…いや、別に深い意味はないけれど、やっぱりあんまりみっともいいものじゃないから、ってね。

だけど最近どうにもこうにもそのルールを守れないでいるのは、やっぱり疲れているからっていうのもあるとは思うけど、何よりもあの電車のシートが僕のバイオリズムと不思議な調和を奏でてしまうせいに違いないんだ…だってあの電車に乗るときに限って、かならず抗えない睡魔が襲ってくるんだからね。もしかしたら高さとか、クッションに秘密があるかもしれない。

そんなわけで、電車でのけぞりながら眠っている人に対しても、前よりは親近感を覚えてしまったりする今日この頃なんだよ……。
22:07:36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
加藤さん
2007 / 10 / 22 ( Mon )
目からウロコがおちたよ


先輩の加藤さんと藤村さんとは同期なので仲良しみたいだ。
二人のやりとりはいつもこんな感じでみていて楽しいし、なんていうか…生きるパワーが沸いてくるような気がするなあ。


21:54:17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
なんのために
2007 / 10 / 21 ( Sun )
ゆっくりいこう


今やっていることの全て、仕事とか、ブログとか、なんとなく自分に課している習慣とか、決まりごととか、そういったものを一度ぜんぶさらえて書き出して、そもそも何のためにそれをはじめたのか、はじめようと思ったのか、を思い出してみたくなった。それで、もう一度あらためて、今の自分は何のためにそれをやっているのか、変わったのかそうでないのか、そんなことも考えてみたくなった。

だけど、意外とそれには時間がかかるんだね。帳面を開いて、ぼんやりしてしまう時間が随分長いんだもの。でもちゃんとやってみるつもりなんだ。

人気blogランキングへ←良かったらクリックして僕を応援してね。
22:20:51 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
悩むと迷う
2007 / 10 / 20 ( Sat )
だ、断じて手抜きではなく……

ごめんね、実は今ちょっと悩んでいることがあってブログが手につかないでいたんだ。

と、ここまで書いて、「悩む」と「迷う」の違いって何かなんて考えてしまう僕だ。

なんとなくだけどね、
答えが出ないような問題をずっと考えるようなのが「悩む」で、答えがいくつかある中でどれを選んでいいかわからなくてこまるのが「迷う」でいいのかな。
だとしたら、今僕は悩んでいるような迷っているような、どっちつかずな状態かもしれない。

……そんなことを考えても結論には近づかないけれどね。
20:50:07 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
違いは
2007 / 10 / 17 ( Wed )
ちょっとそんなことをね


「得したい」のと「損したくない」のは、違うよね。
「尊敬されたい」のと「馬鹿にされたくない」のも違うよね。
「好かれたい」のと「嫌われたくない」も、
「成功したい」のと「失敗したくない」のも、
違うんだよね。

ふと、その違いについて考えてみたりするんだよ。

22:35:59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
まあいいか
2007 / 10 / 16 ( Tue )
つまり今日は言い訳をしているってこと…

一昨日はちょっと夜更かししちゃって、うっかり過去の記事なんか読み返してしまったんだけどさ。

僕って結構同じようなことを何回も書いているんだね。

子供の頃、大人が何かって言うと同じ話を繰り返すのを、うんざりしながらどうしてだろうって思っていた、…はずなのに、嗚呼。

でも僕の考えることがそうそう変わることもないし、毎日びっくりするようなことが起こるわけじゃないから、これもまあしょうがないよね。

それに考えてみたら、雑誌やテレビだってたいがい同じような内容の繰り返しだし、物語なんてシェイクスピアの時代にほぼ出尽くしたって言われているらしいし、でもそれを表面の味付けを変えることで皆何度も美味しく味わっているんだから、いいことにするか、とも思ったんだ。我ながら、そこまでもってきて自分を納得させようというのがすごいといえばすごいけれどね。

22:36:25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
それなのになんてこと
2007 / 10 / 14 ( Sun )
失礼、お行儀が悪かったね


僕は多分、平均的な新人会社員で、とりたてて特殊なことをしているわけじゃないと思うし、これまでの人生でもいわゆる「平凡」な歩みをしてきたほうなんだと思う。

そして僕の友達や、周りの人も、…中にはちょっと「変わってる」って言いたくなる人もいたけど、でもそれも「大抵知り合いのうちに数人はいる変わり者」程度の変わり方で、やっぱり割と平均的な環境の中でやってきたと言えるだろう。

それなのになんてことだろう、こんな平凡な僕が次にやることを君は当てられないだろうし、僕もまた平凡な友人たちが今それぞれの場所でどんなことになって何を思っているか、皆目見当がつかないんだよ。

言葉は常に抽象化するから、「皆苦労しているかな」なんて思うけど、その苦労って一体なんだ、とかね。「そうはいっても相変わらず楽しくやっているかな」という「楽しさ」とはなんのことだ、見えている景色はどんなで、嗅いでいるにおいはどうで、朝一番にすることは何で、毎日顔をあわせているのはどんな人で、…そして今一番気になっていることはなんなんだろうか、なんてことを、僕らは決して正確に知ることなんてできないだろう。

にもかかわらず、次に会うときに僕らは同じものを好きになっていたり、同じことに頭を悩ませていたり、することがあるかもしれないんだよ。

一体全体どういうわけなんだろうね。


22:29:32 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
復活
2007 / 10 / 12 ( Fri )
あ またベスト描いちゃった


ボンソワール、だいぶ調子が戻ってきたよ。…というのも、やっぱり風邪をひいてしまったらしく、もちろん会社を休む程じゃなかったけどちょっと辛かったものだからね。

風邪の時って妙なもので、無理して家を出ても、動き回っている間は割と平気で、
「あれ、もう治ったかな?」って気分になるのに、
部屋に戻ったとたんに身体の節々は痛いしだるいし、横になればなったで眠りたいのに辛くて眠れなかったりするんだ。

でも、風邪って要は体内に入ったウイルスを追い出したり殺したりするために、身体が熱を出したりくしゃみや鼻水を出することなんだってね。そう考えると、僕という一人の人間は実は一人じゃなくて、いろんな細胞の集まりで、その細胞もいろいろがんばっているんだなあ、って感心してしまう。それに風邪をひけるのも、ある意味健康な証拠なんだ、って思ったら不思議だよね。まあ、ひかないほど免疫力を高められればそれに越したことはないわけだけどさ。

22:09:04 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
里山さん
2007 / 10 / 11 ( Thu )
阪田君との描き分けが難しい僕の画力


別に調子にのっていたわけじゃあなくて、やっぱり褒められたら素直に喜んだほうがいいかなとかそういうことも思うわけで……

という僕の思いとは無関係に、里山さんはそういう人。だと思うんだよ。

テーマ:今日のイラスト - ジャンル:日記

22:12:33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
風邪薬
2007 / 10 / 10 ( Wed )
でも苦いほうが薬は効く気がするね

なんだか風邪をひきかけのような、どうも怪しい感じがするので、早めに仕事をひけて帰ってきたんだ。帰りがけに液状の風邪薬を買って、それをお湯で割って飲んだので、今日はもう寝ちゃうつもり。

この「お湯で割って飲む」っていうのは、前に薬局の人が教えてくれた方法で、そのときにすごくよく効いた気がするから、それ以来こうするようにしている。温かいほうが吸収も良いだろうし、理にかなっているんだろうけど、それよりなにより「効きますよ」って言われた、その言葉のせいで一層効果があるような気がするんだ。僕の身体っていうのは、妙に素直なところがあるかもしれないや。


21:47:52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ちょっと珈琲党
2007 / 10 / 09 ( Tue )
時々コーヒーをおごってくれるんだよ


僕はもともと紅茶派なんだけれど、今の職場になってから、先輩と一緒に昼食をとると食後にコーヒーショップに寄ることが多くて、なんとなく一緒にコーヒーを頼むことが増えてきた。もちろんそこで紅茶を頼んでもいいわけだけどね。こういうのも習慣みたいなところがあって、飲みつけると結構これはこれで美味しいし、あとはなんていうか、雰囲気に流されているという気もしないでもない。

それにしても一緒に食事をするとかお茶をすることで、人間同士の距離感って結構縮む感じがするよね。ものを食べるときにはあんまり取り繕えないっていうか、素がでやすくなるのかもしれないなあ。

#もしかすると今コメント欄が不調かも。昨日のコメント、管理画面では3つついている(読める)んだけど表からは1つしか読めないんだよね…。ちょっと様子をみてお返事は明日させてもらいますね。

人気blogランキングへ←良かったらクリックして僕を応援してね。

21:36:38 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
芸術の!
2007 / 10 / 08 ( Mon )
あんまり芸術って感じじゃなくなった…


秋だね。
なかなか涼しくならなくてうんざりしたけど、ようやくいい感じになってきた…と思ったら雨だったりもしたけど…わけで、こうなると俄然いろいろなことがしてみたくなるものだ。
美術展とか博物館も、毎年思うほどはいけないけれど、今年は一層気合を入れて(っていうのも妙な話だけどね)いないとうっかりどこにも行けずに終わってしまいそうだ。ちょっと残念なのはもう平日が休みじゃなくなってしまったことで、こうなると店にいたうちにもっといろいろ観ておけばよかったなあと思う。いつでも後悔先にたたず。

気持ちとしては、何故かわからないけど、今年は絵とか彫刻といった「静」なものより、演劇とかコンサートみたいな「動」的なものに興味をひかれるな。まあとにかく観られればなんでもいいってところはあるけど。

ああ、でも展示のたぐいにくらべるとコンサートやお芝居は格段に値段があがっちゃうのがつらいところだ。こればっかりはしょうがないけどね。


22:26:24 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
安定したい
2007 / 10 / 07 ( Sun )
いやまあ彼がどうだっていうわけでもないけれど


むしろそこが僕のいいところだって自分に言い聞かせてみたりもするんだけれど、周りの出来事や人の言う事にいちいちゆらいでしまうのはやっぱりあんまりいただけないなあと思うんだ。もっとこう、いつもどっしりと構えていられないものかなあ。

かといって鈍くなりたいわけじゃないし、そういうところの按配は本当に難しいよね。

もうちょっと経験を積んでいったら、こういう気持ちはなくなるのかなあ、って僕はもう何年も言っているような気がする。やれやれ、我ながら進歩がないよね。
23:01:54 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
運命?
2007 / 10 / 06 ( Sat )
わかりにくい4コマでごめん


ああ、これはもう運命というしか。
なんてことを思ったわけはもちろんなくて、まさかあとをつけているなんて思われてないよね、と心配になった僕なんだよ。

どっちにしたって自意識過剰のそしりはまぬがれないけれどね!

21:42:54 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
アンバランス
2007 / 10 / 05 ( Fri )
ふう……


僕が今思い悩んだって、あるいは勇気を出して行動したって、どうにも変えられないことっていうのはたくさんあるよね。
一方で、僕にとっては大したことじゃなくても、ある人からみたらすごいことができているってことだってあるかもしれない。
どんな大きな歴史のうねりも、誰か一人だけが動かしたわけじゃないし(…もちろんキーパーソンはいるだろうけれど)、いろいろな人たちがああでもないこうでもないって考えながら動き回った結果が少なからず「今の僕たち」を作ったんだろうな、なんてことも思ったりする。

それにしても、 僕というものの世界に対する質量と、僕が知ることのできる情報量の差って、アンバランスすぎないかなあ?

僕はときどき途方にくれてしまうんだよ。


22:40:48 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
その立ち姿
2007 / 10 / 04 ( Thu )
とはいえどこまで書いていいものやら


なかなか書けないでいたけど、前回の記事で皆の興味を大分ひいたらしい宮本さんの話を書くことにするよ。

といっても僕は彼と部署が違うから、遠目で見たこととか人づての話が多くなっちゃうんだけれど、それにしてもなかなか面白いことの多い人みたいだ。

なにしろ彼は立っている姿からすでに目立つ。もともとのビジュアルがちょっと変わっているし(彼が営業部だったら間違いなくできないような格好だ)、その上僕がみただけでも普通に立っていたことがない。……どういうことかというと、なぜだかいつも彼は斜めになっていることが多いんだ。パーテーションにもたれるようにしているときもあるし、壁に寄りかかっていることもあるし、つまりそういう感じ。それではじめて気づくんだけれど、あんまりオフィスでそういう立ち方をしている人っていうのはいないものなんだね。それで、脚は半分必然のように片方にひっかけられていたりするから、まあそのつまり、かなり印象的な立ち方になるのは想像してもらえるだろうか。結果的に、なんとなく彼が視界に入るとつい目がいってしまうのだけど、どうやらそれは僕だけじゃないらしいのでちょっと安心したほどだ。

何も姿勢のことでここまで書かなくてもいいようなものだけど、でもこういうことだけでも結構その人となりをつかむことができるような気もするんだよ。

22:06:00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
きっと忘れてしまうけど
2007 / 10 / 02 ( Tue )
本文と関係ないけど。


今日職場で、とてもつまらないことなんだけど、どうしても釈然としないことがあったんだ。
あんまり小さいことだから書く気にもなれないけどね、どう考えても僕は間違っていないと思う。そして、多分僕が正しいとか間違っているとかそういうこととは関係なく、こういうことはいくらでも起こるし、それにいちいち真っ向からむかっていくことに意味はないんだろうな、ということもなんとなくわかる。

わかるけど、わかったからどうってこともないなあ、とも思うんだよ。

ごめんね、これじゃ何がなんだかわからないだろうけど、でも僕がこれをたとえば5年後に読み返して、今のこの気持ちを思い出せるのかどうか、気になるものだから、書いておきたいんだよ。





23:44:13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
急に涼しくなったので
2007 / 10 / 01 ( Mon )
唐突に秋


ここ数日、パソコンの調子が悪かった…というか、結局OSの再インストールなんかするはめになっちゃったんだけど、とにかくそんな状態でいたので、久しぶりにネットもみないで、音楽なんかききながら部屋でだらだらしていたら…いや、さっさと寝ればいいようなものだけど、こういうひと時っていうのもなかなか大事だと思うわけだよ…そんな時に、どういうわけだか突然、すとんって感じに寂しくなってしまった。

毎日忙しくもそれなりに楽しくやっているし、むしろ部屋に戻って一人になるとほっとするくらい人とは会っているわけで、寂しさを感じるっていうのも変な話なんだけれど。もしかしたら、たまたま聴いていた音楽がちょっとセンチメンタルな感じだったせいにすぎないのかもしれないけれど。

でもなんだか、こういう感覚がやってくるのも、妙に秋らしいような気がするので、そういうときは思いっきり寂しさにひたってみるのが僕の流儀だ。というわけで、わざわざ部屋のすみっこにいってクッションを抱えて転がったりしてみたわけなんだけど、そのうち床のホコリが気になって久々に掃除なんかはじめちゃったから、いまひとつ風情がなくなってしまった。

つまり何が言いたいかというと、……いや、例によって主張なんか別にないんだよ。



21:38:51 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。