スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
どきどき
2008 / 08 / 31 ( Sun )
自分のが当たっちゃったら、ひきなおしていいんだって。


それにしても、僕が外にでるときに限っていきなり大雨が降るなんてどういうことだろう。
…なんていうことを思っている人が、結構いるんだろうね。

さて、天気はあいにくだけれど、僕がグッズを置かせてもらっている「ニヒル牛2」では、「くじ祭り」がはじまったようだよ。

1本1000円の、豪華なくじ!

くじにしちゃあ値が張るなあって思ったんだけど、商品をみるとその何倍もするものが当たるみたいだ。ちなみに僕も3種類ほど作ったんだけど、そうだね、売値で3倍くらいのものは入っているよ。

もっとも、不要な人にとってはかなり魅力がないだろうものには違いない。

そんなところもまた、くじだとか福袋だとか、そういうものの醍醐味だよね。


スポンサーサイト
21:53:16 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
夜のまち
2008 / 08 / 28 ( Thu )
もう寝なくちゃ

僕の部屋のベランダからは、線路を走る電車が見えるんだよ。

遅くに帰ってきて、なんだか疲れちゃって、だけどすぐに眠る気にもなれなくて、そんなときにたまにベランダに出て外を眺めてみたりする。

しばらくぼうっとしていると、向こうに電車が走るのが見えて、流れる窓の明かりを見ていると、ああ、あそこにもまだ人が乗ってる…まちはまだ動いているんだなあ、なんて思ったりしてね。

ちょっと嬉しいような、切ないような、なんだか不思議な気持ちになるんだけれど、その感じが嫌いじゃないんだ。

だから、もし引っ越したとしても、また窓から電車が見える部屋だといいって思うんだよ。
00:57:28 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
僕の基準
2008 / 08 / 26 ( Tue )
サンドイッチのパンはつぶつぶのやつが好き


最近、会社のそばに小さなサンドイッチ屋さんができて、お昼に時々そこで買ったりするんだ。

てりやきのチキンとか、薄型のクリームコロッケとか、たまごのサラダとか、そういうのをはさんだやつがお気に入り。好みが子供っぽいって笑わないでね。

ところで、僕はどうやら新しいパンを試すときに、無意識に「このパンは高橋さんのところと比べてどうか」と比較しているらしいことに気が付いた。僕としては、高橋さんのところと「同じくらいおいし」ければ及第点だ。

パンの味なんて、大半は好みの問題だと思うから、自分が好きならそれでいいわけなんだけど、結構こうやって「自分の慣れ親しんだ味」を基準に他のものを判断していることって、あるかもしれないね。



21:32:35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
過ぎゆくもの
2008 / 08 / 25 ( Mon )
こういう髪ってどうなってるんだろ

ちょっと気が早いかもしれないけれど、こんな風に涼しい日が続くと、ああもう今年の夏も終わりだなあって思う。

なんだかこの夏は本当にあっという間に過ぎちゃって、いったい僕は何をやっていたのか不安になっちゃうくらいだ。

夏という季節はまためぐってくるけれど、今年の夏はもう二度とやってくることはないんだよね。

だけど、それを悲観的にとらえる必要はないのかもしれない。

だって、同じ夏は二度と来ないってことはさ、来年には、まだみたこともない新しい夏が待っている、ということなんだもの。
00:29:18 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
それでもやっぱり
2008 / 08 / 22 ( Fri )
いっそ秀虎に生まれたかった…というのはうそだけど。

…いや、秀虎が卓袱台をひっくり返したのを見たことはないんだけど。

僕はどちらかといえば気が長いほうだし、穏やかなたちだと思うんだ。
だからといって、腹の立つことがないわけじゃないし、それこそ八つ当たりのひとつもしたくなるようなことだってあるわけさ。

でも、本当に八つ当たりしてしまったら、後悔することがわかっているし、その後始末のほうがずっと大変だし、何より美しくない行動をとってしまったことに自己嫌悪するに決まっているから、結局は吐き出せずに悶々とすることになるんだよ。

もし僕がもっとお酒を好むなら、飲んで発散するかもしれない。あるいは車が好きなら、山道をどこまでも走るかもしれない。でも、イラストやブログっていうのは、こういう気持ちをぶつけるにはいまひとつ向かない…何しろこれを読みにきてくれる人がいるんだもの。

幸い週末だし、ふらっときれいなものでも見に行こうかな。
多分壊れたものよりも、美しいもののほうが、この不安定な気持ちを落ち着かせてくれるはずだからね。

**

…アップしたらなんだか我にかえったんだけど、こういうときこそスポーツとか、身体を動かすことだよね。多分秀虎ならもうとっくに山に登っているよ…。

21:39:52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
なくて正解
2008 / 08 / 21 ( Thu )
魔法使いというより手品師だね


今更な話ではあるんだけどさ。
意思の疎通って、意外と難しいものだよね。
どうしてわかってもらえないんだろうとか、どうして誤解されるんだろうとか、ついそんなことを考えてしまう。
もしも僕に魔法が使えて、自分の思っていることをそのまま相手に伝えたり、自分がみている世界をそのまま相手にも見てもらえたりしたら、

……。

そうしたら、
世界に僕しかいないのと変わらないかもね。

やっぱりそんな力は、なくて正解なのかもしれないなあ。

22:16:48 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
久々なのに
2008 / 08 / 17 ( Sun )
今年もオセロ
お盆休みをもらったから、久しぶりに実家に帰ったんだよ。
今年はじめてのスイカを食べたり、おはぎ…っていうのは実家で飼っている豆柴のことなんだけど…を洗ってやったり、そして学生時代の友達と会ったり、したんだけれど。

前々から約束をしていた阪田君と秀虎に会うのに、僕はどういうわけかすっかり待ち合わせ時間を間違えて、1時間も遅れてしまったんだ。というか、そろそろうちを出なくちゃ、という頃に阪田君からメールが入って、「今どこ?」ってきかれて、はじめて僕はどうやら今日の時間を一時間遅く考えていたいたことに気付いた、というわけ。

そりゃあもう秀虎には散々のいわれようだし(しかもどういうわけか僕が滅多にしない遅刻って、彼と待ち合わせのときばかりなので、すっかり間抜けのレッテルをはられてしまうし)、自分でもあまりの呆けぶりにがっかりしちゃうし。

まあみんな元気そうだったので、なによりだけどね。


22:01:16 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
夏の…
2008 / 08 / 12 ( Tue )
少し風が気持ちよくなってきた

やあ久しぶり。
このところちょっと力を失っていたんだけれど、夏の空気はそんな僕にもおかまいなしに暑さを叩きつけて、かえってそれが気持ちを奮い立たせてくれるようでもある。

ところで今日はたまたま、住宅地の中を歩くことになったんだけど、そこにぽっかりと空き地ができていた。小学生くらいの男子が3人、自分の背丈と同じくらいに伸びた草の間を縫って、空き地にできた小さい山を登っていたよ。

ああ、夏休みだ。

いつまでも日が暮れないような気がしていた、夏休み。
青臭い雑草の匂いを思い出して、ちょっと切ないような、でも嬉しいような、不思議な気分になったんだ。

21:27:54 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お菓子
2008 / 08 / 08 ( Fri )
マグカップの柄はうそだけどね

わあ、もたもたしていたら時間がなくなっちゃった。
会社でよく頂き物やお土産のお菓子を配ってもらうんだけど、それがちょっと嬉しいなあってことを書きたかったんだけど…って、簡単に言ったら1行ですんじゃったよ。

まあいいや、今日はこれでアデュー。

08:11:59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ああどうか、
2008 / 08 / 05 ( Tue )
どこに届くのかな

僕にあともうちょっとの勇気と、くじけない心を。

そんなことを願ってしまう日も、たまにはあるよね。

23:16:34 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
8月の壁紙だよ
2008 / 08 / 03 ( Sun )
088skabe.jpg


ああ、すっかり遅くなっちゃったけど、8月の壁紙だよ。
ちょっとちかちかしちゃったかなあ。

カレンダーあり

カレンダーなし

毎日暑いけど、夏だからもうしようがないよね。

23:19:15 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。