スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
思わず
2009 / 06 / 28 ( Sun )
服は何色かな

一日雨だったけど、おかげで涼しくていい気持ち。
思わずソファに横たわってしまったけれど、そのとき何故か

「今日はおやすみ」

って心の中でつぶやく声がした…っていうか、つまりそれは僕の声だけど。
たしかに日曜でおやすみだけど、普段わざわざそんな風には意識しないよ。

どういう訳で急にそんな言葉を思ったのかわからないけど、そうつぶやいたら不思議と安心して、それから小一時間ほどすごくいい心地で眠っちゃった。

だってさ、どうせうとうとするのに、「ああ、本当はあれもやらなきゃ。これもやらなきゃ。それから…」なんてことを思いながらじゃ、いい夢もみられないよね。
我ながらなかなかの思いつきだったと思うよ。

なんて、怠けてたことを堂々とブログに書くのもどうかって話だけどね。



スポンサーサイト
22:00:14 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
夕涼み
2009 / 06 / 26 ( Fri )
 和服って難しい

仏蘭西かぶれの僕だけど、こんな日はさらっとした単衣かなにか来て、縁側で夕涼みなんていきたいね。

もっとも、僕が住めそうなのは長家とか下宿屋とか、そんなところかなあ。それはそれで楽しそうだけどね。

22:27:47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
鏡みたいに
2009 / 06 / 23 ( Tue )
久々のネクタイ

人と向き合うときに、鏡みたいになれたらいいな。
愛情をくれる人には愛情を、親切には親切を、厳しさには厳しさを、おかえしするようなことができれば、意外とうまくいったりしないかな。

でも実際は、相手の親切を親切と受け取れなかったりすることも多いんだよね。

そういうときは、相手の問題というよりきっと自分のなかに「こだわり」があって、相手をそのまま見ることができなくなっているのかもしれない。

だとしたらやっぱり、相手は自分をうつす鏡かもしれないなあ。
自分の「こだわり」をなくしてみたら、意地悪に思えた相手もそうじゃなかったりすることが、あるかもしれないものね。

難しいことだけどさ。



23:02:43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
気配
2009 / 06 / 21 ( Sun )
関係ない絵だけど

なんだか今夜は蒸すなあ。

こうやってまた、次の季節の気配がやってくる。

だけど、もううたたねしても風邪をひいたり、寒くて目覚めたりしなくてもすむわけだね。


ああでも、つまり今年も半分過ぎちゃうわけで、そういうことを思うと少し焦ったりする。
何を焦っているのか、自分でもよくわからないんだけどね。


23:26:49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピンチ
2009 / 06 / 18 ( Thu )
おっと、ご婦人方の前でとんだ失礼を

今日は久しぶりに早く帰れたから、ゆっくりお風呂でもと思って、夕飯よりも先にバスルームをつかっていたら、めずらしく携帯じゃないほうに電話がかかってきた。もしかして大事な用かもしれないし、とあわてて飛び出したとたんに、今度は玄関の呼び鈴も鳴ったものだから、僕はすっかり慌てふためいてしまった。

なんだかすごいいでたちで宅配便を受け取って、電話はさすがに出られなかったけど番号をみたら実家だったから、とりあえず身支度をすませてからかけなおしたけど、特にこれといった用事じゃなかった。

やれやれ、こういう間の悪いときってあるんだよね。




*あ、6月8日のコメントにお返事を忘れていたみたいで、さっき書きました。ごめんね!!
22:13:03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
古い
2009 / 06 / 15 ( Mon )
備品倉庫

今日もどうでもいい話なんだけどさ。
すごく古いものよりも、ほんの5年とか、それくらい前のもののほうがなんともいえない「時代遅れ」の感じがするのって不思議だよね。
これもまた10年とかたったら、「このレトロ感がおしゃれ」とか「むしろ新しい」とか、いっそ定番みたいなものに思えるんだろうか。

だけど僕はちょっとだけ昔の、格好悪くなってしまったものっていうのが意外と好きだったりするんだけれどね。


21:52:27 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
理解を求める
2009 / 06 / 13 ( Sat )
ところでこの向きって難しいよね


優雅なものが好き、といっても少女趣味じゃない。
おだやかな性格だからって、向上心がないわけじゃない。
好きなことがしたいというのは、苦しいことから逃げたいって意味じゃない。

なかなか、理解してもらおうというのは難しい…、と思ったけれど、
そもそも相手が僕を理解したいかどうかなんてわからないんだよね。
別に僕のことを理解しようが誤解しようが、てんでかまわないとおもっているなら、そこでムキになってもしょうがないんだなあ。

だって、そんなときって、僕自身が相手のことを心底理解したいと思っているのか、なぞだったりするもの。

21:39:05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
日付が変わった
2009 / 06 / 12 ( Fri )
鉛筆らくがき

ごめんごめん、今日こそ更新と思っていたのに日付が変わっちゃった。
とりあえずこんなのだけどゆるしてね。


00:06:50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヘヤピンができたよ(ツルヒコ工房)
2009 / 06 / 09 ( Tue )
480a.jpg

新作紹介の続きだよ。
今回ははじめてヘヤピン(ヘアピンと言わないのがどうでもいいこだわり)をつくってみたんだ。
いや、金具売り場にピンがあったから思わず買ってみたんだけどどうかなあ。

ツルヒコヘヤピン(姫) 350円
ツルヒコヘヤピン(嬢) 350円(売り切れです、メルシィ!)

写真上の、小さいキラキラがついているほうが姫。
下の、小さいお花と十字がついているのが嬢。嬢のほうは、もう売れちゃったみたい、
どうもありがとう!

パッケージ(というほどじゃないけど)はこんなかんじだよ。

480b.jpg


例によって、通販についてはこちらです。

23:56:36 | ツルヒコ工房 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
調子
2009 / 06 / 08 ( Mon )
だいぶ慣れたけど

調子がいい、とかよくない、とか何気なくつかうけど、「調子」って一体なんだろうね。
普段特に意識しなくてもできるところで妙にひっかかっちゃったり、つまらないミスを連発すると、やっぱり「調子が悪いなあ」と思わざるを得ないけど。

妙なことには、調子のいい日には普段と同じ事をやっているのにほめられたり、たまたま思いつきでやったら成功したところを人に見てもらえたりするんだよ。逆に悪い日にはそういうタイミングもことごとく悪かったりして。

まあ、そんな日もあるさ、ってだけの話だけどね。

22:17:30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
キーホルダーだよ(ツルヒコ工房)
2009 / 06 / 08 ( Mon )
477.jpg


ボンソワール、お待たせしちゃったけど(…え、待ってない?そんなこと言わずにさ)、ツルヒコ工房の新作の紹介だよ。

まずは樹脂でつくったキーホルダー。
こういう、透明でかっちりしたキーホルダーって、ホテルの鍵とかによくついているけど、僕は好きなんだよね。
絵柄(姫とツルヒコ)にあわせて、チャームと金具の色も少しずつ変えてあります。

ツルヒコレジンキーホルダー 角 (ツル) 
ツルヒコレジンキーホルダー 角 (姫)   各800円

裏面はどちらもツルヒコツルのイラスト。

478.jpg

手作り品なのでいろいろ粗いところがあるけど、できるだけきれいに作ったつもり。
よかったらつかってね。

例によって、通販についてはこちらです。

01:04:54 | ツルヒコ工房 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ツルヒコ工房予告
2009 / 06 / 05 ( Fri )
いろいろ創ったよ

ごめん、今日は眠くて眠くて、ちゃんとしたことを書けそうもないから、写真で予告だけさせてね。
この前納品した、ツルヒコ工房の作品です。
バッグハンガーは新柄もできたよ。

22:52:45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふたつの世界
2009 / 06 / 03 ( Wed )
煙の壁が?

時々は、宮本さんが一緒にお昼に誘ってくれて、僕としては親睦を深めたいと思っているんだけれど、彼は結構すぐに自分の世界に入ってしまうので、実は似たようなタイプの僕としてはなかなかその壁を越えられずにいたり…するわけだよ。


ブログランキング…よかったらクリックして応援してね。
23:21:59 | 日記 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
一歩
2009 / 06 / 02 ( Tue )
ちいさくてもね


ひとから何か批判されるのは決していい気分じゃないし、それを求めているわけでもない。

だけど、だからといって「批判はされませんでした。間違えたこともありません。なぜなら、何もしませんでしたから」なんていう人生は、やっぱりまっぴらだもの。

それに、僕がどんなに皆のなかにまぎれて同じようなことをして、息をひそめていたって、やっぱり僕を嫌いな人はいるし、攻撃してくる人もいるだろう。

逆に、どうしてもゆずれないことを貫いて、そのことで人から何かいわれても、それはもうしょうがないって思えるし、精一杯やったという気持ちがあれば、他の意見も受け入れられるかもしれないよね。

そうやって、一歩ふみだした人たちの勇気でもって、今のこの世界はできているんだ。


22:12:46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。