スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
にがてなこと
2007 / 11 / 04 ( Sun )
そうそう、「終わりよければすべてよし」なんていうしね。

ふと、思ったんだけれどね。

僕は、新しいことをはじめるのは割と得意っていうか、好きなほうだと思う。何か思いついて、それを実現しようとするときは、我ながらなかなかの力を発揮したりするんだ。

それから、そうやってはじめたことを継続するのも、まあまあできているとも思う。もちろん三日坊主で終わっちゃった、なんていう苦い思い出だってあるけれど、ずっと続けている趣味とか、決め事なんかもそれなりにあるからね。

ところが、僕はそういったことなんかを、うまく「終わらせる」っていうのは、どうも苦手みたいなんだよ。なんとなく尻切れとんぼにもならず、かといって惰性でずるずる続けちゃうんでもなく、もういいやって放り投げちゃうのでもなく、きれいに「終わる」っていうのは、なかなか難しいことなんだ…僕にとってはね。

だけど、終わりがきちんとしてはじめて「やりとげた」って感じがするから、これは今後の課題にしたいなあって思うんだよ。

21:55:23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<よこく | ホーム | 小さな新作ができたよ(売切れ)>>
コメント
--う~ん--

きれいな終わり方って、誰でもなかなかできない事なんじゃないかなぁ・・・
難しいことだと思います。私もとてもヘタクソですしキレイに終わった!と、思えることって学校の卒業くらいかも。
というか、こんな記事を書かれるということは何か「終わる」ことを想定されてるということなのかな??と、つい邪推してしまいます。悩み事もあるとのことですし・・・ちょっと心配。
社会人編からのファンなので最近、過去日記(学生編)を拝読させていただきましたが、学生時代のツルヒコさんって忙しくも充実した毎日を送ってるようでとても楽しそうなのですが、社会人になられてからはお仕事のネタが極端に減ってやや抽象的というか・・・もしかして、あまり楽しくないのかなぁ、なんて思うこともしばしばあったりして。勘違いならごめんなさい!
ツルヒコさんは前の日記でもキラキラしたアクセサリーなどを観るのがとても好き、ということを書いてらっしゃったから、そういう職人系の仕事のほうが向いてるんじゃないかなーとか勝手に考えていました; イラストがとてもお上手なので手先も器用でしょうし。
私の住んでいるイタリアでは、日本人がジュエリー専門学校などで金細工やジュエリーなどの作り方を勉強して、卒業後もデザイナーとしていろんなお店に自分の作品を置いてたりするので、そういう方面でいっちゃってもいいかも?!
by: Maki * 2007/11/06 00:13 * URL [ 編集] | page top↑
--難しいですよね--

美しい(?)終わり方って・・・
私はたいがい三日坊主の尻切れトンボか、
立つ鳥後濁しまくりのエスケープみたいな終わり方ばっかりですねぇ(汗)

私はmakiさんとは逆に、このブログや工房のほうを止めてしまうのでは?と思ってしまいました。「惰性でなく物事を続けられる」事がかえって仇になって、お仕事との両立が難しくなってしまって・・・っていう風に読めてしまって。勘違いでしたらすみません(つД;)

ツルヒコさんの絵や言葉を楽しみにしている者としては、惰性でも構わないから続けて欲しいなぁ、と身勝手ながら思ってしまいます。
あつかましくて申し訳ないですがm(_肉_)m

お仕事にしても趣味にしても、
「よし!やりきった!出し尽くした!」
と思えれば自然と綺麗な幕引きが出来るような気がします。
「終わらせられない」のは、自分自身の中で納得がいっていないか、ご飯や睡眠のように人生になくてはならないものだからか、どちらかなのではないでしょうか。
そしてそれがどちらなのかは、続けてみないと判らない・・・って、なんかとりとめの無いことをつらつらとすみません。

でも「やり遂げる」って良い言葉ですよね☆
キーンと冷えた生ビールをあおりたくなりますv-275



by: 肖花 * 2007/11/06 05:42 * URL [ 編集] | page top↑
--お返事です--

>Makiさん、ボンソワール

なんだか心配させてしまったみたいですいません。ありがとうございます。
>社会人になられてからはお仕事のネタが極端に減ってやや抽象的というか・・・
ああ、うん、そうですよね。そうなんです。これは、実は学生の頃に比べると、どこまでブログに書いて良いのかっていうところでなんとなくうまく落としどころをみつけられないでいるっていうせいもあります。仕事は結構楽しいし(もちろん辛いこともあるけど)充実しているんですけど、学校の頃のように書くのが難しいなあと。あと、やっぱり時間がとれなくて、絵とか文字をゆっくりかく余裕がなくなってきているっていうのがあります。

>ジュエリーの作り方を勉強して…

わあ、こういうのも憧れますね。なかなか、留学とか思い切ったことができない小心者で…。でもきっとやってみたらすごく楽しいんだろうなと思います。職人系に向いているほど、実は器用じゃないのが難点なんですが…。

>肖花さん、ボンソワール

肖花さんにもご心配いただき恐縮です。ありがとうござます。
うーん、そう、実はこのブログがらみで悩んでいるというか、いろいろ思っていることもあるのですが、たぶんそれは近々お話できると思います。でもそんなに悲しいお知らせにはならないはずなので、安心していてくださいね!

>納得がいっていないか、ご飯や睡眠のように人生になくてはならないものだからか、

なるほど。なるほどなあ、と思いつつ読みました。そうですね、終わり時っていうものがくれば、自然と幕は引けるものなのかもしれません。それまではあれこれ悩みながらもなんとかやっていくんだろうなあ。うん。
by: ツルヒコ * 2007/11/08 01:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsuruhiko.blog100.fc2.com/tb.php/188-cffc4684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。