スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
年賀状
2008 / 01 / 04 ( Fri )
なんだかなあ


僕への年賀状は、実家宛と部屋宛と半々くらいに届くんだけど、それが元旦に来る数と、その後に届く数とは、半々くらいじゃないかと思う。つまり、半分の人はわりとのんびり出すということだね。

それで、実家から帰ってきて、部屋のほうに届いたのをあわせて、今年の賀状をまとめてながめてみた。毎年手の込んだハガキをくれる人から、これまた毎年素っ気無い人まで、なんとなくその人らしさが出ていて結構楽しい。

そして、その中で今年だんとつにインパクトがあったのは、誰あろう秀虎からのものだった。まあ毎年、コメントに困るって感じのをくれる奴ではあるのだけれど、今年のは、一瞬見ただけでは年賀状だかなんだかわからないんだからひどい。

なにしろ、薄暗くて殺風景な室内の写真みたいなのが印刷されていて、よくみるとソファだかベッドだかの上に毛布(これまた地味な色だ)をかぶって人が寝ているらしい。そこに添えられたキャプションが、「入社1年目にして仮眠室のヌシの異名をとり云々」っていうんだから呆れるのを通り越してやや感心しちゃうよ。

だいたい、僕は忙しさを自慢する心理っていうのがわからないし、どうせ忙しいっていうんならもっとバリバリ仕事中、って感じの写真でもとればいいのに、これじゃどっちかっていうと日々の寝るところにも事欠く気の毒な人みたいだよ。不可解なのは、わざわざこれを写真に撮った人がいる(写っているのは本人なんだからね)ことや、そんな忙しいわりにこういう年賀状をつくるヒマはあることや、…まあもともと不可解を3Dにしたみたいなタイプだから、いいんだけどさ。

これで「大丈夫なのかなあ」なんて心配したり、「面白いなあ」なんてうけたりしたらまったく秀虎の思うツボだから、僕としてはあくまでノーリアクションを通すつもりだけれど、どうしても記事的に面白いと思ってブログに書いてしまうあたりは、ちょっと負けって気がしてくやしかったりもするんだよ。

10:29:28 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<なんとかぼけ | ホーム | Bonne année!>>
コメント
--ひょっとしたら…--

秀虎さんは仮眠室に住んでるのではないでしょうか…?
学生や教官が研究室に住むのと同じ感覚なのかも知れません。
仮眠室に私物がどっさりありそうです。
by: 紫野 * 2008/01/04 12:03 * URL [ 編集] | page top↑
--明けましておめでとうございます!--

昨年はこちらのサイトを知り、さらに豊かなブログライフを送らせていただきました♪
今年もツルヒコさんのご活躍をイタリアからこっそり応援させていただきます!

久しぶりに秀虎くんの記事きましたー!
今のこのご時世、彼のようなキャラクターは貴重なので彼関連の記事は密かにとっても楽しみだったり。
それにしても社会人になっても相変わらず、相変わらずなんですねぇ。(笑)
体力は人の倍以上ありそうなので、厳しい職場でも登山感覚ではりきってそうです。この写真もキャンプ中の登山家みたいだし。
by: MAKI * 2008/01/04 23:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

秀虎さんは大変なんでしょうね。

でもあけましてって感じがしないですよね。
by: 羽毛布団好きくーみ * 2008/01/07 05:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

年賀状って、くださった方の個性がでますよね。それよりも年々減っていく数が気になったりします。
by: ガーデニング@癒し * 2008/01/07 19:25 * URL [ 編集] | page top↑
--お返事です--

> 羽毛布団好きくーみ さん、ボンソワール

>あけましてって感じがしない

全くそのとおりなんです。何もよりによってそんなことを連絡してくれなくてもいいんですけどね…。

>ガーデニング@癒しさん、ボンソワール

そういえばメールで賀状をくれる人も増えてきたかも。僕はやっぱりハガキ派ですけど。
by: ツルヒコ * 2008/01/09 21:09 * URL [ 編集] | page top↑
--あれ?お返事です!--

ごめんなさい、絶対お返事したつもりだったのに抜けてました…!

>紫野さん、ボンソワール

>秀虎さんは仮眠室に住んでるのではないでしょうか…?

え…いくらなんでもそれは迷惑すぎじゃないでしょうか(笑。
でもそうかもしれないと思わせるのが彼の彼たる所以ですが。たぶん部室も私物化していたし。

>MAKIさん、はじめまして

イタリアからコメントありがとうございます(なのにお返事が遅れちゃってごめんなさい!)

>体力は人の倍以上ありそうなので

たぶん面の皮も倍くらい厚いんですよ。
彼と同じクラスにいたときは、いろいろ細かい気をつかう自分が損みたいに思ったりもしましたが、いなくなってみるとまあそれはそれで寂しいかな…いや、そうでもないかも(笑。
by: ツルヒコ * 2008/01/31 21:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsuruhiko.blog100.fc2.com/tb.php/220-92874088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。