スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
夜のまち
2008 / 08 / 28 ( Thu )
もう寝なくちゃ

僕の部屋のベランダからは、線路を走る電車が見えるんだよ。

遅くに帰ってきて、なんだか疲れちゃって、だけどすぐに眠る気にもなれなくて、そんなときにたまにベランダに出て外を眺めてみたりする。

しばらくぼうっとしていると、向こうに電車が走るのが見えて、流れる窓の明かりを見ていると、ああ、あそこにもまだ人が乗ってる…まちはまだ動いているんだなあ、なんて思ったりしてね。

ちょっと嬉しいような、切ないような、なんだか不思議な気持ちになるんだけれど、その感じが嫌いじゃないんだ。

だから、もし引っ越したとしても、また窓から電車が見える部屋だといいって思うんだよ。
00:57:28 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<どきどき | ホーム | 僕の基準>>
コメント
----

3月に1週間東京のウィークリーマンション暮らしをしたんですが、駅近で電車の音が深夜まで聞こえて、ひとりだったからかその音を聞いて凄く安心したのを思い出しました(*^_^*)

あそこには沢山の人が乗ってるんだな。ひとりじゃないんだな…って妙な安心感を感じてました(*´`*)
by: ぴあの * 2008/08/28 03:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

ツルヒコさんこんにちは。ああ、その気持ちってとてもよくわかります。私は逆に、電車の窓から家々のあかりを眺める時に懐かしいような切ないような気持ちになったりします。帰宅する電車から見る家のあかりは晩御飯のかおりまでしそうです。
by: まるめ * 2008/08/28 15:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

おはようございます ツルヒコさん。

私はいつもなぜか川の側です・・・・

もうすぐ引っ越しをするのですが
今度は隅田川沿いです。

川とどんなご縁があるのか?
by: Hami★ * 2008/08/29 06:56 * URL [ 編集] | page top↑
--わかります~--

まちのあかり一つ一つ、電車の動く光・・・
全部に人の気配があって、これからサラリーマンは家に帰るのかなぁあ、とかあそこの家は今日シチューかなwとかかってに想像しちゃいますね。

by: きゅー * 2008/08/29 13:34 * URL [ 編集] | page top↑
--ふむふむ--

なんか少年心みたいな感じっすね♪
by: ash * 2008/08/30 05:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

我が家は高台なので、電車の音やいろんな音があがってくるよ。電車の音、哀愁を帯びてますよねぇ。あと汽笛の音ももの悲しいですよ。
by: marie * 2008/09/01 17:26 * URL [ 編集] | page top↑
--お返事です--

>ぴあのさん、ボンソワール

>電車の音が深夜まで聞こえて、

そう、場合によっては「うるさいな」っていうようなことでも、一人のときは妙に嬉しかったりしますよね…。
もし物音ひとつしない夜だったら、すごく心細かったかもしれませんね。
ところで→(*´`*)これ、すごくかわいいです。

>まるめさん、ボンソワール

>電車の窓から家々のあかりを眺める時に懐かしいような

あっそれもわかります!
なんだか胸がぎゅーんってなりますね。
そして電車を降りて、よその家からいいにおいがしてくると、今度はおなかがぎゅーんとなるわけですが…(笑。

>Hami★ さん、ボンソワール

川のそばっていうのもなんだかいいですね。僕の実家のそばにも川があったので、川のそばを通るとやっぱりほっとするような気がします。
ところで隅田川の傍なら、家から花火が見えるでしょうか?

>きゅーさん、ボンソワール

>かってに想像しちゃいますね。

しかもなぜかそういう時って勝手にいい想像をしちゃったりしますね。家族だんらん、ほのぼの親子みたいな。
実際は大喧嘩してたりするかもしれないのですが(笑。

>ash さん、ボンソワール

えっ、少年心ですか?
…でもなんとなく響きがいいので、そういうことにしておこうと思います(笑

>marieさん、ボンソワール

そういえば音は高いほうにあがってくるらしいですね。
汽笛のきこえる家なんて、ちょっとロマンチックです。それにしてもどうして汽笛って哀愁を感じさせるんでしょうね…
by: ツルヒコ * 2008/09/03 01:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsuruhiko.blog100.fc2.com/tb.php/326-1cd66621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。