スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
大人に
2008 / 11 / 07 ( Fri )
曇天模様

誰かの、些細なひとことでくよくよ考え込んでしまったり、気分がふさいでしまうような、そういうことは、自分がまだ子供で心が弱いからおこるんだ、

と、昔の僕は思っていたんだ。

だけど、もうとっくに大人といわれる歳になって、僕なりに心だって鍛えたはずだのに、やっぱりいまだにそういう状態になってしまうと、一体いくつになれば僕は本当の大人になれるんだろうと途方にくれてしまう。

このもやもやには意味がないって頭ではわかっていても、心がついてこないと、我ながら不甲斐ないなあと思う。だって、相手は別に僕のことをへこませたり、悲しませてやろうと思って言っているわけじゃないんだからね。

決して鈍感になりたいってことじゃないんだけど、だからといってこういうのを繊細と呼ぶのもどうかと思うんだ。繊細っていうのは、自分にばかりかまけてしまうこととはちょっと違うと思うからね。



#あ、万一誤解されるといけないから書いておくけど、別に昨日の記事とか本のこととかは関係ないからね…。
00:41:58 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<マグカップができたよ | ホーム | 穴があったら…>>
コメント
--はじめまして。--

書店で見て思わず買ってしまいました。
大好きな絵柄なのです。
私もオスカルの目の描き分けできます。(笑)

さて、
>そういうことは、自分がまだ子供で心が弱いからおこるんだ

そうじゃない、のでは?そうならなくなることが「大人」ではないと思います。
ツルヒコさんはとてもとても感受性が強いのです。感じてしまうのだからどうしようも有りません。それはとっても素晴らしい一面なんです。ただ生きていくのにしんどかったりしますよね。
ある人が言いました。
「何も感じないコンクリートのような心になることが大人になることではない。」
どうか、繊細な(私は繊細と言っていいと思う)心を持ったまま失わないで年を重ねて下さい。
心の躍動を失わせるような事に出会って、落ち込んで、いいじゃないですか、また立ち返れば。そういうことを繰り返していくと本当の強さが育まれると思います。優しさに裏付けされた本当の強さが。
それが「大人」でありましょう。

>途方にくれてしまう。

ツルヒコさん、大丈夫ですよ!
by: 真琴 * 2008/11/07 17:24 * URL [ 編集] | page top↑
--自分にも思い当たる事が・・ありました。--

言われた時、カァーッとなって、
ただただ、その状況に熱くなってしまい、
帰り道もずっと、悶々としていました。

後からゆっくり考えてみて、

自分という世界に、相手が言葉として
入ってきて、
一種のショックみたいなものが起こって。

そのショックには、怒りや悲しみだけじゃなく驚き、戸惑い、なんかも混じっているのではないかなぁと
思ったのです。

もしかしたら、自分以外の人に関わるたびに
新しい世界と触れ合うみたいなショックを
受けていくのかなぁと。

自分を落着かせてみました・・笑






by: 帆掛け舟 * 2008/11/07 19:23 * URL [ 編集] | page top↑
--繊細っという言葉の響き--

繊細って、繊細な感受性の強い人ほど
まわりに言われるのが、いやなんじゃないでしょうか?
普通に生活していても、感受性の強い方は
いろんなところで、アンテナカが、たってしまうから、
仕方のないことなんだと思います。

大人になっても、その感性と感受性は、
生まれながらの神様からの贈り物として
大切にされたらいいんじゃないでしょうか?

鈍感力のすすめ・・・ってありましたけど、
感性の鋭い人は、疲れやすいから、ある程度
鈍感力も身につけないとしんどいのかな・・・っと
思うときもあります。

でも、きっとblogのファンの方々は、そんな
ツルヒコさんが大好きなんですよ。e-75
by: bobio * 2008/11/07 23:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして。
書店で「表紙」買いしました。
ステキです♪
ワタシはツルヒコさんよりかなり年上ですが、
未だにヤワなところがありますし、実際疲れやすいところもあるのかも。

でも、「繊細さ」というのは、いくつになっても失わない方が、人として魅力的な感じもしています。

紅茶がおいしい季節です。
馥郁とした香りを楽しみながら、週末は少しゆったり過ごされてみては?

はてなユーザーですので、早速アンテナにも
追加いたしました♪これからもちょくちょくのぞかせていただきます。



by: marie * 2008/11/08 01:02 * URL [ 編集] | page top↑
--初です--

本をジャケ買いして、読んで…「イイナ!!」って思って、ここに来ました。
次の記事も楽しみにしています-☆

本当の大人ってどんなでしょうね。

高校生の時は、今の自分の年齢の人なんて
途方も無い位大人に見えていたのに
いざなってみると、全然変わってないジャンって思う事が多々ありますw
by: も~ん * 2008/11/08 02:13 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/11/08 02:38 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/11/08 15:59 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/11/10 22:56 * [ 編集] | page top↑
--お返事です--

>真琴 さん、はじめまして

コメントありがとうございます。

>優しさに裏付けされた本当の強さが。
それが「大人」でありましょう。

そうですね、本当にそういうふうになれたらいいと思います。でもそれには、僕が思っていたよりも時間がかかるってことですよね。
焦らずに成長できたらいいなと思います。

>帆掛け舟さん、ボンソワール

> 自分以外の人に関わるたびに
新しい世界と触れ合うみたいなショックを

ああ、なるほどそういうことかもしれないです。
なんだろう、輸血みたいな?(笑
身近に思っていた人とでさえ、そういうショックが起こるということに、今更驚いているのかも…。

> bobio さん、ボンソワール

>繊細って、繊細な感受性の強い人ほど
まわりに言われるのが、いやなんじゃないでしょうか?

なるほど。
たしかに、自分に言われると「もしかして、嫌味?」と思ってしまうことが…(笑。
でも、感受性が強いことは別に悪いことじゃないですよね。それを理由に何か他の人に失礼なことをしたり言ったりしなければ…
でも、ちょっと「鈍感力」というのも必要な気もします。鈍感というか、客観性みたいなものかな?

>marieさん、ボンソワール

はじめまして、コメントと「表紙買い」ありがとうございます。

>でも、「繊細さ」というのは、いくつになっても失わない方が、人として魅力的な感じもしています。

そうですね。繊細でありながら柔軟で強い…みたいな、そんな感じにあこがれます。
今ふと思ったのですが、僕にとっての「強さ」って、攻撃力でなくて防御力のことなのかも。

>も~んさん、ボンソワール

はじめまして、コメントとジャケ買いありがとうございます。

>高校生の時は、今の自分の年齢の人なんて
途方も無い位大人に見えていたのに

そうそう、それですよね。
成人したら何もかもわかるし、困ることもなくなるような気が、なんとなくしていました…
いったい、あの頃の「大人」は、どうして大人にみえたんでしょうね。

>鍵コメントの方へ

ご心配をおかけしてすみませんでした。
今回もまた微妙に心配されてしまいそうな記事ですみません。あまり愚痴っぽいことは書きたくないのですが、たまにこうして甘えてしまいます。でももう元気ですよ。

それから、追伸でのご質問については、
Ouiとお答えいたします。

>鍵コメントの方へ

はじめまして、コメントありがとうございます。
ご友人にも喜んでいただけて何よりです。
カリグラフィーの話、受けたようで嬉しいです。本当は、あんまり上手くないんですけど(笑。
by: ツルヒコ * 2008/11/13 21:30 * URL [ 編集] | page top↑
--お返事です追加--

>鍵コメントのかたへ

>私ってプライドが高い!?

あ、たしかに自分でもそういう風にも思います…うん(笑。
でも、そうですね、気長に、気長に成長していけたらいいな。
by: ツルヒコ * 2008/11/13 21:37 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsuruhiko.blog100.fc2.com/tb.php/368-0be96a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。