スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
めくるめく…
2009 / 02 / 25 ( Wed )
こ、こんなのでごめん
会社の帰り、久しぶりに駅前の書店に寄ってみた。
この店は、夜遅くまで開いているんだけれど、このところ残業続きではやく家に帰りたかったから、素通りしていたんだ。

実は本屋に入ると、なんともいえない気分の高揚を感じる僕だ。
どの本もぴかぴかに光って、魅力的な装丁やタイトルが、さあどうぞ!といわんばかりにアピールしてくる。

もしも僕がその気になれば、(そして財力がゆるせば、)ここにある本たちをすべて読みつくすことだってできるんだ。しかも、新しい本は次から次へと出てくるから、その楽しみはほとんど無限に続くはず。

昔は本なんて貴重品で、ほんの一握りのお金持ちしか手にすることのできないものだった…なんてことを授業で習ったっけな、と思い出す。その頃のひとたちがこの光景をみたら、いったいどんな天国にきちゃったんだろうって思うかもしれないなあ。

そんな風に考えただけで、僕は眩暈をおこしそうになる…たぶん、あんまり幸せすぎて。

もっとも、このところほとんど夜は帰ったとたんに眠るばかりで、なかなか本を読む気にもなれないんだけどさ。



00:57:33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<カバー買い | ホーム | 何もない日>>
コメント
----

私も本屋さん(=本)大好きです。

本屋さんに入ってみると、どの本も
「私を見て!」
「面白いわよ!」
「さあ、手に取って!」
と語りかけてくるようです。

だから本屋さんに寄り道すると、あっという間に時間が過ぎてしまいます…。

あ、もちろん古本屋さんも好きです。
「こんなところに居たの~」
と語りかけてくる本、しばしばあります。

どっしりとした、長編の本も読みたいけど、最近は時間がないのでライトノベルズばかりですが。

優雅に紅茶を飲みながら、じっくり本を読む。

そんな時間を過ごしたいですね。
by: メモル * 2009/02/25 09:27 * URL [ 編集] | page top↑
--気持、解ります!!--

その気持、スゴく解りますよ。
私の場合…
もし、願い事がひとつ叶うなら、
『本屋一週間貸し切り』にしてもらいたい…などという夢があります。
by: ライチ! * 2009/02/25 16:43 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/02/26 19:40 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsuruhiko.blog100.fc2.com/tb.php/429-50973e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。