スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
か、どうか
2007 / 06 / 04 ( Mon )
たまにはこんな塗りで


覚書みたいなことで悪いんだけど、ちょっと思うことがあったから書くね。

実は、「正しいかどうか」が問題になる場面っていうのは、僕が思っているより少ないのかもしれない、ということ。あるいは、「正しいかどうか」という議論が成立するような場所は、それ自体が結構特殊なのかもしれないということ。

…具体的なことを書けないと何のことだかよくわからないね。書いておいた僕が忘れちゃいそうで心配だ。




23:07:13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<欲しかったもの | ホーム | なじむ>>
コメント
--か、どうか--

正しさの尺度は絶対的な真理という物差しで計る外はないと思います。
「正しいかどうか」、「白か黒か」、白と黒の間には、さまざまなグレーがあるように、
世の中には、「これだ」と定まったものは何一つとしてないのでは・・・
何か不本意なことがあっても、その事にあまり執着しない方が気持ちが楽になれるとおもいますが・・・
的外れのコメントかもです。
by: キャンディ * 2007/06/05 00:36 * URL [ 編集] | page top↑
--はっきりと--

「これが正しい!」と言い切れることって、本当に少ないと思います。
人間は、みんな違っていて同じ人っていないじゃないですか。だから、少しでも意見の一致する(しそうな)人を本能的に探しているんじゃないかなあ・・・。友人しかり、結婚相手しかり・・・。でも、正反対だから惹かれるというのもあるし・・・。
ああっ!自分でも何を言いたいのかわからなくなっちゃった!ごめんなさい!
つまるところ、世界は複雑な思念がからみあって構成されている・・・って、ますますわかりませんよね~・・・。すみません・・。
by: ぽんぽん * 2007/06/05 06:59 * URL [ 編集] | page top↑
--「正しいかどうか」--

難しいですね。
「正しい」と思っていることって、人によって違う事がありますから。
答えが一つならいいけど、そうじゃないことも多いし。
一つの答えでも、そこにたどり着くまでの道はいくつもあるしね。
『みんな正しくて、正しくない。』ってこともあるわけで・・・。
う~ん、難しいですね。i-183
by: メモル * 2007/06/05 08:35 * URL [ 編集] | page top↑
--はじめまして--

いつも楽しく拝見しております。今日のイラストはいつもとタッチが違ってて、でもこちらもとても素敵ですね。初夏を感じます。
「正しいかどうか」を議論することについてですが、仰る通り、正しいと思う理由を述べる機会はおろか、正誤をつきつめて考える機会もあまり無いような気がしますね。我輩などは鉛筆の握り方ひとつ正しいかどうかわからないまま今日まで生きて参りました。
by: まるめ * 2007/06/05 12:19 * URL [ 編集] | page top↑
--御返事です--

>キャンディさん、ボンソワール

>不本意なことがあっても、その事にあまり執着しない方が気持ちが楽になれる

ああ、まさにそれも正論で、しかも正論だからといってその通りにできるわけじゃないっていうパターンかも(笑!
深刻なことが起こっているわけじゃないのですが、理屈どおりにはいろいろ進まないなあと感じることは多いですね。当たり前といえば当たり前なんですが…。


> ぽんぽん さん、ボンソワール

友人を選ぶのに、似ているからというのと似ていないからというのと両方あるっていうの、よくわかります。多分「自分の好きなところに似ている人」はよくて、嫌いなところに似ている人はいやなのかな(笑。

>メモルさん、ボンソワール

>みんな正しくて、正しくない

そうですね。立場がかわると、コロっと変わっちゃうことも多いし。そういう意味で、学生っていうのは、立場としては大して違わない者が集まる集団だというところが特殊といえば特殊なんでしょう…もちろん個々人の違いはあるんだけど。

>まるめさん、はじめまして
コメントありがとうございます。

>鉛筆の握り方ひとつ正しいかどうかわからないまま

そういうことたくさんありますね!
僕はいまだに「正しいイントネーションがわからない、日本語」がたくさんあるのがちょっと悩みです。本で覚えた言葉で、普段使わないようなものは大抵そうです。
by: ツルヒコ * 2007/06/06 22:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsuruhiko.blog100.fc2.com/tb.php/55-a2829733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。