スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ほっこり
2010 / 01 / 27 ( Wed )
えんぴつ

幸せそうな人をみて、心がほっこりとあたたまる。


それは僕じしんが今、幸せだってことの証明だったりするんだよね。


幸せそうな人をみるのが辛かったり、うらめしく感じたりするときは、
僕があんまり幸せじゃないって思っているときだったりする。

そういうことを考えても、僕はできるだけ自分が幸せになる努力をすべきだと思うんだ。



うまく言えないけど。



23:18:33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<2月の壁紙だよ! | ホーム | 父とクロワッサン>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/01/27 23:59 * [ 編集] | page top↑
--はじめまして--

いつも優しい言葉ときれいな絵でつむがれるツルヒコさんの記事を楽しみに拝見しています。
今日の記事は(も)、最近少しため息の多くなっていた私に元気をくれました。
自分が幸せになる努力をすることで、人も幸せにする。それってとっても大事なことですね。
人も、自分も楽しくありたいな、と思います。
優しい言葉をありがとうございました。
by: 伯 林雪 * 2010/01/28 06:50 * URL [ 編集] | page top↑
----

最近結婚話が多く、自分も報告した時に
話題になったのですが
他人の結婚を妬む人と喜べる人とだったら
喜べる人は幸せだし、さらに
いい幸せオーラをさらに身につけられると
思います。

びみょーなお年頃の場合、いろいろありますが、ほんとに心から喜んでくれたのが
伝わると嬉しかったです。

幸せを祝えるだけの心のゆとりと優しさが
自分にあることの幸せの確認ということかも

その時にも、もしあまりにも自分が酷い状況だったら、祝う気持ちにならない場合もあるかもねって皆で分析してました。

by: mina10 * 2010/01/28 22:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

Bonjour.

私は最近絶対的な幸せについて考えることがあります。
絶対的幸せってあるのでしょか。
私はあると信じたいのですが…

いつもいつも他人と比較して幸せになったり悲しくなったりします。
他人と比較しなきゃ幸せを見いだせないなんて、少し悲しくなります。
そういう相対的なものではなく、
絶対的な幸せ…

ツルヒコさんは感じたことありますか?

Au revoir.
by: ちょこ * 2010/01/29 00:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

幸せそうな人をみるのが辛かったり、うらめしく感じたりするとき・・・

そういうときこそ、頑張ってるときではないでしょうか・・・・。

もちろん、自分自身はつらいですけど。
by: めいり * 2010/01/29 20:32 * URL [ 編集] | page top↑
--お返事です--

>鍵コメントのかたへ
>今日も今日とて器の小さい感じになったりして。
ああ、それもすごくわかります。
そうやって、人の幸せを素直に喜べない自分をすごく嫌に思うんだけど、そこから抜け出せないときってありますよね。
もちろん、そうならないほうがいいんだけど、自分の気持ちが落ち着けばちゃんと喜べるんだ、とわかっていれば少し救いにはなると思ったり。

> 伯 林雪さん、はじめまして

コメントありがとうございます。
素敵なお名前ですね。
>自分が幸せになる努力をすることで、人も幸せにする。
そうなんです、つまりなんていうか、
自分が幸せになることは、決してエゴじゃないっていうか・・・。
自分「だけ」が、幸せになろうとさえしなければ、いいんだろうと思います。
でもときどき僕たちは、「自分が幸せになろうという気持ちはいけないんじゃないか」って思ったり、しちゃいますよね。

>mina10さん、ボンソワール

そう、喜べる、喜べないというのは
当人の資質だけじゃなくて、
そのときの環境とかもすごくおおきいんだろうなって。
そういう風に、最近思うようになって。
だから、喜べないことを必要以上にせめることもないかもしれないし。
でもみんな、似たようなことを考えているんですね。

>ちょこさん、ボンソワール

>絶対的幸せってあるのでしょか。

どうであれ、「幸せ」と感じたときは、絶対的なんじゃないでしょうか、うまくいえないけど。
もちろん人と比較して、あがったりさがったりってことはあって、それはもしかして「幸せ」より「優越感」かもしれないけど、優越感=幸せってひともいるだろうし。

ちょこさんのいう「絶対的な幸せ」、人に左右されない幸せっていうのは、やっぱり「ひとがなんといおうと、自分の環境が満足」ってときのものだと思います。でも、それが「永続的」かどうかは、わからない。

でも、「絶対的」で「永続的」な幸せは、きっと天国にしかないんじゃないかな。
人間は、幸せにも、時には不幸にも、「慣れ」てしまうような気がするから。

>めいりさん、ボンソアール

ああ、その視点はなかった!
でも確かにそうかもしれませんね。
人は苦しいときに一番もがいたりあがいたりして、ふりかえれば成長できていたりしますから。
そう考えたら、決して悪いことばかりじゃないですね。
by: tsuruhiko * 2010/01/30 19:35 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/01/30 23:36 * [ 編集] | page top↑
-->鍵コメントのかたへ--

お返事が大変遅くなってごめんなさい。
そういえば、誰かが「苦しみには決してなれることがない」って言ってて、
ほんとだなあと思ったんですけど、
逆に人間て「幸せ」には結構慣れて、ありがたみを忘れちゃったりするかもな、
と思いました。
同じくらい幸せなことも、あるはずなのに。

ところで「某」の件ですが、
僕の妹が結構ファンで。
なので家族で観にいったりもしましたよ。
もちろん僕も嫌いじゃないです。ブログではあんまり特定のものを想定させることは
書かないようにしているので、書いてないですけど。
諸々、また、あらためて。ありがとうございます。
by: tsuruhiko * 2010/02/06 10:12 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsuruhiko.blog100.fc2.com/tb.php/601-30390ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。