スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
問いかけ
2010 / 04 / 30 ( Fri )
ときどきね

僕と、僕の何人かの友達とは、さしあたり明日飢え死にするってことも、おそらく病に倒れることも、
住む家を失うことも、ないんじゃないかと思う。

10年後にはどうなっているかわからないけど、少なくとも明日は。
たぶん、そしてあさっても。

それはきっと、人間の歴史の中では、とても幸せで恵まれていることなんだと思う。
今同じ空の下でも、それだけのことを得られるなら何に変えてもいい、って人たちがたくさんいるはずだからね。

だのに僕も彼も、10年後の不安にさいなまれて、今の幸せを見失いそうになることがある。

だから僕は、「ないもの」じゃなくて「今あるもの」をみようと思ったりするのだけれど。



僕のこういう考え方は、明日さえ不安な人たちの足をひっぱったり、邪魔をすることになるのかな。

先の不安をみないことにして、結局何も変えないでいる、何も救えないでいる人になっちゃうのかな。

自分ひとりが、さしあたり今幸せならそれでいいっていう、勝手で刹那的な生き方ってことになっちゃうのかな。


ときどき。
そんなことを思って、悶々としてしまうことがあるんだよ。


ときどきね。

01:28:25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<やれやれ | ホーム | そして思うこと>>
コメント
--夢・・・じゃないんだ。--

「明日はくるよ」

「明日が来ることはあたりまえではないんだよ」

どちらも、誰かの救いや力になっているのを知った時
不思議な心地になりました。

ついさっき、ご飯をテーブルに並べている時
急に
「これは夢・・。
こんなに温かくていいのかな。」

と思ったんです。

そして今が夢みたいに満たされているんだと少しだけ実感しました。

自分の今を大切に思える人は、
誰かの今がどれだけ尊いものなのか
少しでも
理解することができるのかもしれません。
壊われないように。守っていこうと。



by: 帆掛け舟 * 2010/05/01 00:19 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/05/01 23:42 * [ 編集] | page top↑
----

未来のことは、誰がどう想像したって空想にしかすぎない…とわたしは思うんです。

そんな不確かなものに想いをはせて不安になるなら、今ある幸せをみつめて、明るく、前向きに生きていきたい!

ツルヒコさんの「今あるものを見る」生き方、わたしはとっても素敵だと思います!

刹那的では全然ないですよ。
毎日遊び歩いて散財して…っていうその日の幸せとは、幸せの質がちがいますもん!
by: コノミ * 2010/05/02 22:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

なんとなく石垣りんさんの
「挨拶 原爆写真に寄せて」という詩を思い出しました。

なかなか頭でわかっていても
明日も明後日も同じように暮らせる気でいられるのは
今わたしたちは幸せなことなんでしょうね。
震災も原爆も10分前まではだれもがいつもと同じ朝を信じていたでしょう。
今年は少し食品は不安ですね。
日照不足、口蹄疫、火山に原油流出と…
飢えるまでいかなくとも高騰しそうですね。
by: あんず * 2010/05/05 15:41 * URL [ 編集] | page top↑
-->鍵コメントのかたへ--

> 「これは夢・・。
> こんなに温かくていいのかな。」
>
> と思ったんです。


ああ、わかりますよ!
僕もふっと、日常のなにげないひとこまに、
涙がでるくらい幸せを感じて「こんなに幸せでいいんだろうか」って
思ったりすることがあるんです。

そういうとき、ちょっとだけ、もしかしたら前世みたいなものは
あるのかなと思ったりします。
よくわからないけど。

僕はそんな幸せを、掌ですくっていきたい。
by: tsuruhiko * 2010/06/27 16:49 * URL [ 編集] | page top↑
-->鍵コメントのかたへ--

とても丁寧な、考えさせられるコメント、ありがとうございます。

> 人間は生まれた瞬間から上昇する事だけを目的にしていて、満ち足りる事を知らないのです。
> そこでふと振り返れるか、振り返れないか。

満ち足りることを知らないって、本当にそうですね。
どうしてそういうふうに作られているのか、不思議になってしまうほど。

> 思う力って絶大なのです、だから、其の事を思えただけで、ツルヒコさんは変える力を持っているのと同じなのです。
> 直ぐに出来なくても、果たせなくても。
> 気付く事こそ、素晴らしいのです。

そういっていただけると、少し安心しますけど、そしてありがたいとおもいますけど、
行動できる人はやはりもっとすばらしいなとも思います。
いつか僕も、何かできたらいいなと思うのですが・・・。
by: tsuruhiko * 2010/06/27 17:15 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

> 刹那的では全然ないですよ。
> 毎日遊び歩いて散財して…っていうその日の幸せとは、幸せの質がちがいますもん!

なるほど、確かにそういうのを刹那的、というのかもしれません。
ちょっと、ほっとしたり。

別に誰にとがめられているわけでもないのに、
急にこういう風に反省したくなったりすることがあるんです。
by: tsuruhiko * 2010/06/27 17:19 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

> なんとなく石垣りんさんの
> 「挨拶 原爆写真に寄せて」という詩を思い出しました。

そのかた、好きなんですが
その詩はしりませんでした。
どんな詩なのかな。

> 今年は少し食品は不安ですね。
> 日照不足、口蹄疫、火山に原油流出と…
> 飢えるまでいかなくとも高騰しそうですね。

そうですね。そして、飢えるまではいかないだろうという僕たちと同じ時代に、
飢えている人がいるっていう現実が、僕を不安にさせるのだろうと思います。
by: tsuruhiko * 2010/06/27 17:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsuruhiko.blog100.fc2.com/tb.php/632-a24063a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。